観光プラン

観光マップ広域 観光マップ

当館よりお車で
■鳥取砂丘まで約2時間    ■倉吉白壁土蔵群・赤瓦まで約70分
■三徳山三佛寺投入堂まで約90分   ■大山まで約30分
■とっとり花回廊まで約30分   ■出雲大社まで約1時間10分
■足立美術館まで約40分  ■水木しげるロードまで約30分
■大根島まで約40分   ■松江市まで約40分
■世界遺産 石見銀山まで約2時間

烏取砂丘

東西16km、南北2km、日本一の大砂丘。早朝、足跡ひとつない砂丘の一面に広がる風紋は、文字通り大自然の芸術。斜面を流れる砂jが簾状の模様を描く「砂簾」風雨が形をなした「砂柱」、円や弓形のスリバチ地形。砂丘越しに望む日本海。刻々と移り行く空や海の彩りの美しさも絶景です。うなばら荘から車で2時間

烏取砂丘

大山

中国地方では最高峰の大山は、別名「伯耆富士」と呼ばれ、四季折々に美しい姿を見せてくれます。また、718年建立の古刹大山寺、ぶなの森、ファミリーで楽しむなら、乗馬センター、ブルーベリー農園、フィールドアスレチック、みるくの里などレジャー施設も充実しています。うなばら荘より車で30分

http://www.daisen.gr.jp/大山町公式観光サイト

倉吉白壁土蔵群・赤瓦 

玉川沿いに、昔からの商家や土蔵が軒を連ね、白壁に赤瓦のコントラストがノスタルジックな情緒を醸し出しています。今は、商家や蔵が雑貨店やカフェに改装されています。うなばら荘から車で70分

烏取砂丘

三徳山三佛寺投入堂

三徳山の山麓を境内とする三佛寺は706年開山の古刹で本堂近くまで車で参詣出来ますが、国宝に指定されている「投入堂」は標高470mの断崖絶壁に建ち役行者が法力で崖のくぼみに投入れた、と言う伝説が頷けるほど不思議な情景です。うなばら荘から車で90分

烏取砂丘

出雲大社

縁結びの社としてあまりにも有名な「出雲大社」、大鳥居をくぐり、松が並ぶ長い参道をぬけると目の前に荘厳な大社が見えてきます。境内には、本殿、拝殿、摂社、末社、文庫、宝庫、彰古館があり、大国主命を祀り、全国的には10月は「神無月」ですが、出雲では「神有月」と呼び全国の神様が集まり神議をするとされています。参拝は「2礼4拍手1礼」が作法です。うなばら荘から山陰道経由で70分

site_banner_250_48

 

とっとり花回廊

総面積50ヘクタールを誇る日本最大級のフラワーパークです。1000株の洋蘭が植えられたフラワードームをはじめ、年間400種、180万本もの美しい草花が咲き誇っています。期間限定の夜間営業、ムーンライトフラワーガーデンも好評です。うなばら荘より車で30分

http://www.tottorihanakairou.or.jp/とっとり花回廊ホームページ

松江

400年の歴史を持つ松江は山陰きっての城下町、お城は、今尚江戸時代の風情が色濃く残っています。市内の縦横を堀川が巡り、夕陽の美しさで知られる宍道湖の眺めも素晴らしい。また文豪「小泉八雲」が愛した町でもあり、この町は「水の都」、「文化の都」です。うなばら荘から山陰道経由で40分

http://www.kankou-matsue.jp/松江観光公式サイト

足立美術館

アメリカの日本庭園専門誌「sukiya living magazine」が2003年から10年連続日本一に選ばれた美しい庭園と横山大観のコレクションをメインに数々の名画が展示されています。うなばら荘より車で40分

http://www.adachi-museum.or.jp/ja/足立美術館ホームページ

水木しげるロード

「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんの出身地。800mの通りには両脇に139体の妖怪のブロンズ像や水木記念館、妖怪神社など妖怪ワールド一色です。また、境港は日本でも有数の漁港であり、新鮮な海の幸を堪能できるお店もたくさんあります。うなばら荘より車で30分

sakaiminato2

大山周辺湧き水

大山のまわりには、たくさんの、名水、湧水スポットがあります。日本名水百選に選ばれた水、昔から生

活用水として使われていた水、良い水が身近にあるという事はとても幸せだなと思っています。

もちろん、うなばら荘から10分位で行ける所もあります。泉や川から、手ですくって

おいしい水を味わってはいかがでしょうか。

http://furusato.sanin.jp/大山山麓 名水・湧水MAPと検索して下さい。

大根島

約20万年前に海中の爆発よって生まれ、「出雲風土記」にも登場する島で、肥沃な土壌から高麗人参の産地で江戸時代には藩を支える大切な作物だったようです。あと忘れてはならない、「牡丹」の産地でもあり、島には牡丹園が点在しており、GW頃には牡丹を見に来る人達で賑わいます。うなばら荘より車で40分

http://www.daikonshima.or.jp/大根島ホームページ

日野町

 日野町は、鳥取県の西南部に位置する、美しい自然と歴史、文化に出合える町です。

 日野川に飛来する「おしどり」観察や、川遊び、登山や自然散策、縁起の良い「金持神社」や

 江戸時代、出雲街道の宿場町として賑わった町並みの面影を残す町です。

http://www.town.hino.tottori.jp/kankou/

 

江府町

江府町は、鳥取県西部にそびえる秀峰大山の南側の麓に位置し、西部経済圏の中心である米子市へは25kmの距離である。隣は日野町、伯耆町、大山町、琴浦町、倉吉市、岡山県真庭市に囲まれ、町の中心地を南北に国道181号、JR伯備線がとおり、中心部には東西に米子自動車道がとおっている。
また、国道181号と平行して流れる河川は、鳥取県三大河川の一つ日野川の清流であり、主な支流は俣野川、船谷川、小江尾川である。

http://www.town-kofu.jp/kanko/

伯耆町


「伯耆」とは、旧国名「伯耆国」のなごりで、現在の鳥取県中西部と島根県東部の一部を含む地域では今
でも多くの「伯耆○○」という地名や旧跡が残っております。その中でもとりわけ有名なのが「伯耆富士(ほうきふじ)」「伯耆大山(ほうきだいせん)」でしょう。当町から望む「伯耆富士」「伯耆大山」の眺望は、まさに当町の誇りであり「伯耆町」と命名いたしました。
(元々の伯耆国の「ほうき」の語源については「山脚が断崖となって水に落ちるところ」など諸説あるようです)

http://www.houki-town.jp/kanko/